FC2ブログ

Recent Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

トップページ

category - 未分類
2020/ 07/ 01
                 
通常の記事は、この下で更新しています。


魔女の代替療法所 double drops
https://doubledrops.shop-pro.jp
アロマテラピー専門のオンラインショップです。
薬に頼らずに心と体を健やかにしたい人のために、メディカルアロマテラピーを提供しています。
DSC_177150239327.jpg




私の自己紹介です。
http://doubledrops.blog.fc2.com/blog-entry-116.html


自然療法とは?
私の想いを綴っています。
http://doubledrops.blog.fc2.com/blog-entry-541.html
http://doubledrops.blog.fc2.com/blog-entry-542.html
http://doubledrops.blog.fc2.com/blog-entry-543.html
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

バスソルトの作り方 天然色素でカラフルバスタイム

category - アロマ
2019/ 02/ 12
                 
こんにちは 
魔女の代替療法所 ゆう です。

めっきり涼しくなって、お風呂のあったかさが有難い季節になってきましたね〜。

みなさま、お風呂はさら湯ですか?
私はほとんどの日、入浴剤を使います。

今日はバスソルトを作りました♪

材料は
海塩
粒塩(今回は”生活の木”のものを使用。バスソルトという商品名)
精油 数滴
着色料 (天然色素のもの。今回はセリアのものを使用)

IMG_10110140.jpg

秋の紅葉のイメージで、黄色と赤を使ってみたいと思います。
赤はベニコウジ、黄色はクチナシから抽出されています。

いやぁ〜。
最近の100均ってほんとすごいですよね〜。
素敵な商品、多いです♪

IMG_10110141.jpg


まずは1カップ程の海塩に、黄色色素を全量投入。
よく混ぜます。
細かく砕いた玉子の黄身みたいだね。
鮮やかなイチョウといったところかしら〜?

これにはアトラスシダーの精油を混ぜます。
血液循環をよくしてくれます。


IMG_10110144.jpg

次に粒塩に赤色色素を適量混ぜます。
こちらは色味を見ながら、色素の量を調整して下さい。
赤紫系の色になりました。
こういうモミジ、あるよね。

こちらにはオレンジスイートの精油を混ぜます。
香りが良いのと、d-リモネンにも血流を改善する作用があります。


IMG_10110148.jpg


二種類の塩をざくざく混ぜます。
黄色く染まった山に赤い木が点在する感じ?

まぁ、このへんはお好みでデザインして下さい。


さて、お風呂に投入してみましょう。

IMG_10110151.jpg

ほんのり色づく感じです。
 水が青く見えるのは、うちの浴槽が水色だからです。)

市販の入浴剤に入っている合成着色料と違って、しっかりお湯に色はつきません。
天然でも着色料の量を増やせばもっと染まるけど、私はこれ位でいいかなー。

ちょっと染まって「わ♡」くらいでいいです。


いい香りもあって、ちょっと色もついて、自分の欲しい効能も盛り込める。
入浴剤の手作りっていいですよ〜♪


寒い季節のお風呂のお供。
いろいろ作って楽しもうっと♪



過去に書いたお風呂に関する記事をリンクしておきますね〜。
よかったらご覧下さいませ。

アロマバスソルト
身体をあたためてくれる精油の成分
「杉っ子」と同じ様にあたたまる作用のある精油
お風呂の塩素を中和しよう
市販の入浴剤の中身は?
                         
                                  
        

精油のジンジャーの効能はなんだ?

category - アロマ
2019/ 01/ 18
                 

こんにちは
魔女の代替療法所 ゆう です。

先日、「ショウガは体を温めるのにとても良い食材ですよ!」という記事を書きました。
ジンジャーシロップの作り方
http://doubledrops.blog.fc2.com/blog-entry-485.html

ショウガは熱を加えることでショウガオールという成分が増え、体の芯から温めてくれます。

そのショウガオールを手軽にたくさん摂るために、ショウガシロップを作りました。
ピリッとおいしいシロップです。

紅茶やルイボスティーに入れてもおいしいですし、ビールや赤ワインにもいいでしょうね。


さて。
ショウガは漢方でも薬剤として使われていますが、精油にもあるんですよ。

精油はメディカルアロマを実践する際には、薬剤としての役割を担います。
香りとしてだけではなく、成分も有効活用したいですね。


上の写真はドクターヴァルネのジンジャー精油です。
こちらは生の生姜が原料になっています。
乾燥生姜が原料の精油より、香りがフレッシュと言われています。

原料が生であれ乾燥品であれ、精油の抽出方法は水蒸気蒸留になるので、どちらも熱が加わるのは同じですね。
精油の蒸留温度については成分によって流出温度が異なるようですので、ジンジャーが何度で精油抽出されているかは分かりませんでした。

まぁ、抽出された成分については、精油の成分分析表を入手すれば分かるんですが……


結果としては原料が生でも乾燥でも、精油の成分に大きな差はないようです。
メーカーやロットによっての差は10%内位では出ますので、詳細を確認したい方は購入した精油の分析表を手に入れて下さい。


主な成分は

ジンジベレン 約25〜30%
βーセスキフェランドレン 約10〜15%
カンフェン 約8〜10%
αークルクメン 約5〜7%

主な作用は
鬱滞・鬱血除去作用、消化促進作用、肝機能改善作用、強心作用


関節や上気道の炎症にも良いので、風邪や関節炎のお手当にも良いですね。
咳止めに入れるのもいいです。


精油の作用については、文献やアロマセラピストによって若干の差がありますよね。
ジンジャー精油で温感作用を謳っている方もおられるのですが、どうかなー。

鬱血が除去されるということは血流改善になるし、血液が行き届くということは冷えが改善されるということです。
そうなると、温感もあるかもしれない。


ここで、ジンジャーシロップの成分をおさらいしてみましょう。

ジンジャーシロップでは100度未満で熱することによって、ジンゲロールがショウガオールに変わり、体の深部まで温める作用がありました。

つまりさ、ジンゲロールやショウガオールは残っている水分中に入っているから、精油には入っていないんだよね。
確かに、成分分析表にも出てこないの。


だから温め作用を狙うならシロップを作って、経口摂取した方が理にかなうんだねー。


でも色々調べていると、生姜の絞り汁を塗り薬に使ったりするレシピも出てくるんです。
血管拡張するとまで書いてある。

何事も百聞は一見にしかず、ですね。
せっかくジンジャー精油があるので、今度、冷えレシピにも使ってみますね。

効果はいかに?


でも私、胃腸が弱いから、どちらにしてもショウガの効能は役にたつんだ





                         
                                  
        

精油のはなし  d-リモネン は冷え性改善を助けてくれる成分です。

category - アロマ
2018/ 12/ 20
                 
こんにちは
魔女の代替療法所 ゆう です。

寒さが身にしみる季節ですね〜。

住宅の水回りって、家の北側に多くないですか?
キッチン、トイレ、洗面所、お風呂
私の家は、これがずらりと北側一列に並んでいます。

冷えるんですよね〜。
家事をする時。


今年は冷え性改善の結果、冷えを感じられる体質になってきまして。
冷えてくると、体が痛くてわかるんですよ。
冷え性も重症だと、冷えてることすら気づかないんです。
足先を触って冷たければ、冷えてますからね〜。


冷え対策には色々ありますね。

室内履きもルームソックスも、暖かボトムも。
ホッカイロもパーソナルヒーターも。

自分が良いと思うものをまずは取り入れて下さい。


実は精油にも、体を暖かくしてくれる成分が含まれているものがあるんですよ。



それは ””dーリモネン”” です。 


dーリモネンは柑橘系の精油に多く含まれています。


オレンジスィート、オレンジビター、グレープフルーツに多くて、全体の90%以上。
レモン、マンダリンだと60〜70%位。


dーリモネンには血流を増加させる働きがあるので、血行を良くし、冷えがちな下肢や手先の温度を上げる効果があります。
精油を吸入後にサーモグラフィーで温度変化を測定したお医者さんもいましたよ。
(医師がすすめる「アロマセラピー」決定版  マキノ出版より)




ティッシュに染み込ませた精油を10分嗅ぎ続けるだけで、皮膚表面温度が数度上がっているんです。

吸入後に体内に入った成分が代謝されるまでの数分ですが、すごくないですか?


だからって、一日中嗅ぎ続けるわけにもいきませんが、精油を上手に使うと効果があるって証明ですよね。
これがメディカルアロマテラピーです。


ただし注意しなければならない点もあります。
柑橘系の精油には、皮膚に塗った後で日光にあたるとシミになるものがあります。
上記で紹介した精油では、レモン、グレープフルーツ、オレンジビターにはその作用があります。
日中は皮膚に塗布しないようにして下さいね。

シミになるのはフロクマリンという成分です。
これはベルガモット、グレープフルーツに多く含まれます。
オレンジスイートやマンダリンでは多くの場合検出されません。

でも最も多いと言われるベルガモットですら、検出数値が低すぎて成分分析表に記載されない場合もあります。
ベルガプテンフリーじゃない圧搾法のでもね。
だからと言って、日中使うのは避けた方がいいですよ。


加えて柑橘類精油の主成分であるリモネンには、紫外線照射によって活性酸素を産生することが報告されています。
活性酸素は細胞を傷つけ老化を早めますので、美容には大敵!
(活性酸素は細胞内では生命維持に重要な役割を担っています。)


まぁ、まとめますと
柑橘類精油は日中に陽にあたる部分には使用しない方が良いでしょう。
5〜6時間あたらないなら大丈夫ですよ。


そして、なんと!!!

リナロールやゲラニオールは活性酸素の産生を抑制することが報告されています!
リナロールを多く含むラベンダーやゲラニオールを多く含むパルマローザなどとブレンドして使えば、活性酸素の発生を防げるということじゃないですか!


精油って数百種類の植物の成分が混ざって出来ています。
それをそのまま使うことに意味があるんですよ。

ひとつの成分だけ取り出してたくさん摂取すると、弊害もあるってことです。

そうやって成分を取り出して合成していくのが医薬品。


対する自然の精油やハーブ、生薬などはたくさんの種類の薬効成分がバランスよく混ざったもの。

精油はからだに穏やかに作用する

これは大いに利用しなくちゃね。

メディカルアロマ、便利です。



                         
                                  
        

お風呂の塩素を除去する方法

category - からだ
2018/ 11/ 20
                 
水道水には塩素が含まれています。
安心して水道水を使うためには必要なものなのでしょうが、飲んだり、お風呂に溜めたりする時には、出来れば除いておきたいですよね。

肌が弱い人や湿疹がひどい時、赤ちゃんや子供にも、塩素だらけのお風呂には入って欲しくないもの。
塩素は肌のタンパク質を酸化させて、保水力を低下させるとも言われています。


日本は他の国に比べると、水道水の塩素含有量が10倍〜30倍らしいです。
雑菌がなく安心して飲めるのかもしれませんが、ちょっと高濃度。
塩素は41℃で最も濃度が高くなるそうで、蒸発・揮発でお風呂場は空気中に大量の塩素が充満してしまう。

それを呼吸や皮膚から吸収してしまうんですね。
ちょっと、コワい。。。


塩素を中和する、安価で手っ取り早い方法はアスコルビン酸を入れることです。
アスコルビン酸はビタミンCですが、ドラッグストアや通販で手に入ります。
ドラッグストアでは製薬会社製の高価なものが多いので、通販がおすすめかな。
品質は食品添加物だし、安全性の高いものですよ。
これを湯船に1g入れると、浴槽の塩素は中和されます。







または、緑茶の葉を出汁パックなどに入れて投入してもいいです。
でも、オーガニックの茶葉でないと農薬も溶け出てしまいます。
コスパからいくと、アスコルビン酸を購入した方がいいかなぁ。


重曹や塩でも塩素中和はされますが、効果が高いのはアスコルビン酸のようですよ。
いろいろ実験されてる方もいらっしゃいますから、気になるかたはネット検索して調べてみて下さいね。



そして、シャワーは塩素が抜けてないお湯を直接あててしまうため、肌への刺激が強いです。
炎症を起こしている皮膚にあててしまうと、かゆみも増すし、塩素を簡単に体内に取り込んでしまいます。
シャワーの塩素を除去するには、専用のシャワーヘッドに付け替えるしかないですね。








私はまだシャワーヘッドの付け替えまでしてはいませんが、家族の肌荒れが酷くなったら検討しようかな。
私自身はお湯で肌がピリピリしたりはしないのですが、あの匂いはね……
カルキ臭っていうの……
体にも良くないしねぇ。。。

中和されれば匂いはなくなります。


とにかく、浴室の空気中には湯船やシャワーから、塩素の成分が大気中に拡散されているので、まずは窓を開けたり、換気扇を回して入る方がいいですね。



冬ね。。。

ほんとは寒くて閉め切りたいんだけど。。。
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。